相続・遺言トラブルに巻き込まれないための基礎知識

浮気 親権の無料法律相談ならhttp://www.xn--3cw14bn3ad80e.com
 
お金01

遺言書で起こりうるトラブルとしては身分に関することとしては子どもの認知があり、婚姻に関係のない男女の間に生まれた子と父親の間に法律上の親子関係を発生させるというものです。

 

一般的に考えられている婚姻関係にない男女間で生まれた子というのは、事実婚や愛人関係にある男女の間に生まれた子であることが考えられ、認知された子どもの法定相続分は実子と比べると2分の1しか受け取ることができませんが、財産や預貯金などの遺産が多額になる場合にはトラブルが発生する可能性があります。

 

財産処分に関しては遺産を分割する際の割合を遺言で決定することができ、法律で定められている遺産の分割よりも優先されることからトラブルが起きることが多く、遺産が財産の場合にはその取り分に関しての争いごとが起きますが、負債が大きい場合などにもその負債の分割に対する争いが生じることが多いので、専門家などの第三者を立ち合わせて話し合う必要があります。

 

また遺言書を作成するときに本人にその意志能力があるのかどうかという点においてのトラブルも多く、日ごろから意思疎通ができていない場合などにはお互いの状況や考え方などが把握できていないので、特定の人に対して有利に遺産が分割されるなどの状況が生じやすいので、双方が納得できる状況を作ることが重要になります。