Archive for the ‘未分類’ Category

遺言によって遺言執行者が数人指定されていた場合はどのようにして遺言執行事務をすすめていくのか?

遺言執行者というのは遺言を残した人が死亡して相続が発生して時に残された遺言書に書かれた内容を実現するために名義変更をはじめとする事務手続きなどを執行する人のことで、遺言書での指定は絶対に必要というわけではなく、遺言者が遺言内容や相続人などの状況を考慮に入れた上で決定します。

遺言の執行者については遺言書によって指名されるほかに相続のときの相続人などの利害関係者たちが家庭裁判所に対して申し立てを行い選任してもらう方法などがあります。

遺言の執行者が必ず必要になるのは子どもの認知に関する記述がある場合や、相続人に対する廃除または廃除の取り消しがあるとき、遺言書によって一般財団法人が設立されるときなどです。遺言の執行者は選ばれたとしても実際に相続になった場合には拒否することが出来るので、ぜったに必要となる場合に関しては複数人の執行者を指名しておいて、その中から出来る人に執行してもらうことによって円滑な相続手続きをする必要があります。

遺言の執行者になると不動産や預貯金などの名義変更手続きなどの平日の日中にしなければならない場合が多いので、遺言の執行のために複数人の相続人を指名するよりも相続を専門的に扱っている行政書士や弁護士、税理士などに依頼しておくほうが手続きが速く完了する場合があります。

遺言書で遺言執行者の指定がある場合の相続手続はどうなるのか?

遺言執行者というのは遺言者が死亡して相続が発生したときに遺言書に書かれた内容を実現させるために名義変更などのような事務手続きなどを行う人のことですが、この執行者を事前に指定するということは絶対に必要なことではなく、遺言者が遺言内容などを考慮して相続人の状況などに応じて決められるものです。

遺言執行者が指定してある場合の相続手続きは相続人は遺産の処分は勝手にすることはできないので、相続が発生した場合には出来るだけ早く遺言執行者に連絡して、相続手続きをする必要があります。

遺言執行者に指定された人は相続が始まるとすぐに執行者をするのかどうかの返事をしなければならず、断る場合には特に理由などを明記する必要はありません。
受けた場合の仕事としては、執行者に就任した旨を相続人や遺贈を受け取る人たち全員に通知して、遺産の調査をして財産目録を作成して相続人全員に対して交付します。遺言執行者として選ばれた人の主な仕事としては、不動産や預貯金などの名義変更などの手続きで、これらの手続きをする場合には平日の昼間の時間帯にしなければならないことが多く、専門的な知識が必要になる場合もあります。

遺言の執行による公平性などを考慮すると行政書士や弁護士、税理士などに依頼しておくほうが、良い場合があります。

どのような人が遺言執行者になれるのか?

遺言書によってできることは婚姻関係のない男女の間に生まれた子どもと父親の間に法律上の親子関係を発生させるという子の認知と、自分が死亡したときに相続人になる人の相続する権利を剥奪して相続人から廃除すること、未成年者の子が残された場合の親権者の代わりを務める未成年後見人を管理するための未成年後見人監督人の指定や相続する遺産の割合を指定すること、遺産の具体的な分割方法などを指定したり、遺産分割を禁止すること、遺言者が遺言によって一方的に相続財産を与えるという遺贈、遺言の内容を実現するための手続きをする遺言執行者の指定と指定の委託などができます。

執行者の場合は相続人である必要は無く、円滑な相続のために第三者を指定する場合もあります。遺言に執行者に関しては要請しても断られる可能性があるので、指定する場合には事前に了解をとっておくことが重要です。遺言の執行者には相続人や第三者、社会福祉法人などの法人でもなることができますが、未成年者と破産者はなることができません。

とくに執行者の選任が必要となる場合は遺言書で子どもの認知をするときや、相続人の廃除や廃除の取り消しをする場合、一般の財団法人を設立する場合などがあります。

遺言執行者とは?

遺言執行者とは、遺言者が指定し、遺言を執行する権利を持っている人のことを指します。
これは、未成年者や破産者など一定の条件以外の人が選任されます。もし遺言者が選任しなかった場合には、相続人などが裁判所に申し立てることで選任することが可能です。

この執行者の主な仕事は、受遺者や相続人に就任の旨を通知すること、相続の財産リストを作り受遺者や相続人に交付すること、受遺者に相続するかどうかを確認すること、認知があった場合は役場に届け出を提出すること、相続人の廃除が遺言にあった場合は家庭裁判所に申し立てすること、不動産などの相続登記をすること、相続する財産の管理や遺言の執行に関する行為を行なうことなどがあります。

執行者の選任が必要な理由として、利害関係などの様々なトラブルを回避することが目的だと言われています。遺言の執行には、遺産の分割など不動産、預貯金の遺贈が関わってくるために相続人同士のトラブルが発生しやすいためです。

また、複雑で専門的な知識が必要なため、出来れば弁護士や行政書士にお願いすることが望ましいとされています。相続人が執行者に選ばれることで、財産の独り占めなどの疑いを掛けられることもあるので、そういった部分にも注意しなければなりません。

遺言について最低限知っておきたいこと

お金02

遺言書とは、自分の財産を配偶者や子供などに相続する際に、故人となった自分の意思を伝えることのできる証書のことです。

また、近年では遺産相続をめぐる争いが増加している傾向にあり、遺産が5000万円以下の相続争いが大半を占めていることから、自分の家は財産がないので関係ないとは言えない時代になっています。
証書の作成については、一般的に自筆証書と公正証書等があり、作成方法についても民法上で細かく規定されています。
公正証書は民法969条に規定されており、公証役場で公証人に作成してもらう証書です。

作成するにあたり、作成者本人であることを証明するため実印や印鑑証明書などを準備し2人以上の証人と共に公証役場に行き、公証人に証書にする内容を口頭で伝えます。

公証人が作成した公正証書を、作成者並びに証人が確認し署名・押印し公証人が手続きに従い作成した旨を付記し署名・押印して完成となります。
公正証書の原本は公証人により保管され、正本を作成者に渡されますので紛失したり偽造されることはありません。

自筆証書は民法968条に規定されており、作成者が全文、日付及び氏名を自書し押印して作成する証書です。

本人で作成することができるので簡単ですが、細かい規定があり、全文自筆で書かなければならず、一部でも他人の代筆やパソコンの文字などがあれば無効とされるので、丈夫な用紙で文字の消えないボールペンで作成しなければなりません。

また日付は作成日を正確に記載しなければならず、末尾には署名と押印が必要であり、自分一人で作成する場合にはミスがある可能性があるのでしっかりと確認しなければ無効の証書となってしまいます。

相続人の中に未成年者がいる場合はどのような手続きが必要?

両親のいづれかが子供が幼いうちになくなってしまうことがあります。
その場合、相続の手続きがどうなるかですが、まず、相続は相続人の年齢に関係なく発生します。

ですから、成人していなくても相続権は発生します。
しかし、問題は遺産分割協議に入るときです。
通常の法行為においては親権者が法定代理人となりますが、相続においては親権者と未成年の子供が相続になる場合、親権者と未成年の子供の法定代理人として遺産分割協議を行うことはできません。これは利益相反行為に該当するからです。

このような場合には、親権者の変わりに特別代理人を選任して遺産分割協議を行う必要があります。特別代理人は相続人以外の者であれば誰でも構いません。

特別代理人は勝手に決めるものではなく、家庭裁判所に特別代理人選任の申し立ての手続きを行って、家庭裁判所に決定してもらいます。

子供の住所地に存在する家庭裁判所に申請をします。申立人は親権者か利害関係者で、未成年者一人につき一人の特別代理人を申し立てます。
この特別代理人は遺産分割協議に関してのみ代理権が発生するので、遺産分割協議が終われば、その任も終了となります。もちろん、特別代理人などを置かず、子供が成人になるのを待ってから遺産分割協議を行うということでも構いません。

相続人の中に行方不明者がいる場合はどうすればよいのか?

パソコン01

相続人の中に行方不明者がいる場合でも、その人を抜きにして遺産分割を勝手に行うことはできません。そのような状態で遺産分割競技を行ったとしても、その協議は無効となりますので注意しましょう。

連絡の取れない相続人に対しては、できるだけその行方を追跡する必要があります。一番確実なのは戸籍を辿っていく方法です。その人物の戸籍を辿っていくと、現在の本籍地や住所を知ることができます。まずはこの方法で連絡が取れるかどうかを試してみましょう。

それでも本人の行方が分からない場合は、家庭裁判所に対して不在者財産管理人選任の申し立てをします。不在者財産管理人とは連絡の取れない相続人に代わって財産を管理する管理人のことで、家庭裁判所の許可を得ることで遺産分割協議に入ることができます。
ただし、不在者財産管理人には遺産分割協議への参加や同意の権限はないため、不在者財産管理人に財産を処分する権限を与えたい場合は不在者財産管理人の権限外行為許可の手続きを行う必要があります。

また、7年以上生存が確認できないという場合には、失踪宣告という手続きをとることもできます。失踪宣告の申し立てが受理されると、行方の分からない相続人が法律上死亡したものと見なされることになります。

亡くなった人の名義の預金口座は凍結してしまうのか?

銀行は名義人の方が亡くなったことが知るとその口座のお金は相続財産になるため凍結します。
知る方法は、遺族からの連絡・新聞のト報欄等(最近は載せる人も少なくなったので1番は遺族からの申請です)でわかります。
ただ、亡くなった事が分からなければ凍結はされずそのままの状態になります。

相続の為に解除する為には、公正証書遺言書の有無で手続きに違いがあります。
まず、遺言書ありの場合はその遺言書に預金を取得する人と執行人が誰にすると記載されているか確認します。

執行人の人はただちに公正証書遺言書と亡くなった方の除籍謄本、執行人の印鑑証明、執行人の実印が押印されている払戻依頼書を窓口に提出すると凍結凍結を解除してくれます。

遺言書が無い場合は、相続人全人で話し合い誰が相続するか、一旦受け取るかを決めます。この時に相続人全員でないとダメなので注意が必要です。
その代表者は亡くなった方の誕生から死亡までの戸籍謄本(除籍謄本でも可能)、相続人全員の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明、相続人全員の実印が押印された銀行所定の相続届を提出すると解除してくれます。
なので、凍結はされますが相続の際にしっかりと準備しておけばすぐに解除できるので相続にも問題ないです。

相続について最低限知っておきたいこと

相続とは死亡した人の有していた財産上の権利義務を、一定の近親者に包括的に承継させることです。財産を承継することができる人の範囲と順位ですが、配偶者は常に承継人となります。

この配偶者とは法律上の配偶者であり、内縁の配偶者は含みません。
第1順位は子またはその代襲者です。代襲者とは子の子供、つまり孫やひ孫です。

子には実子のみならず養子も含まれるので、養子は実方と養方との双方に対して承継人となることができます。子が数人いる場合にはみなが同順位になります。

次の順位は直系尊属で、親等に近い者が優先的に承継人となります。
最後の承継人が兄弟姉妹で、第1、2順位の者がいない時に限って承継人となります。

承継する割合ですが、子と配偶者が承継人であるときは子は2分の1、配偶者が2分の1となるので、子が4人いた場合は子の承継分は1人あたり8分の1になります。配偶者と直系尊属が承継人であるときは配偶者は3分の2、直系尊属は3分の1です。

配偶者と兄弟姉妹のときには、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が3分の1となります。

承継する財産にはプラスの財産だけではなく、借金といったマイナスの財産も含まれています。
借金のほうが多い場合には承継財産を放棄することが可能で、承継の開始があったことを知った時から3か月以内に裁判所に申述します。