どのような人が遺言執行者になれるのか?

遺言書によってできることは婚姻関係のない男女の間に生まれた子どもと父親の間に法律上の親子関係を発生させるという子の認知と、自分が死亡したときに相続人になる人の相続する権利を剥奪して相続人から廃除すること、未成年者の子が残された場合の親権者の代わりを務める未成年後見人を管理するための未成年後見人監督人の指定や相続する遺産の割合を指定すること、遺産の具体的な分割方法などを指定したり、遺産分割を禁止すること、遺言者が遺言によって一方的に相続財産を与えるという遺贈、遺言の内容を実現するための手続きをする遺言執行者の指定と指定の委託などができます。

執行者の場合は相続人である必要は無く、円滑な相続のために第三者を指定する場合もあります。遺言に執行者に関しては要請しても断られる可能性があるので、指定する場合には事前に了解をとっておくことが重要です。遺言の執行者には相続人や第三者、社会福祉法人などの法人でもなることができますが、未成年者と破産者はなることができません。

とくに執行者の選任が必要となる場合は遺言書で子どもの認知をするときや、相続人の廃除や廃除の取り消しをする場合、一般の財団法人を設立する場合などがあります。