相続人の中に行方不明者がいる場合はどうすればよいのか?

パソコン01

相続人の中に行方不明者がいる場合でも、その人を抜きにして遺産分割を勝手に行うことはできません。そのような状態で遺産分割競技を行ったとしても、その協議は無効となりますので注意しましょう。

連絡の取れない相続人に対しては、できるだけその行方を追跡する必要があります。一番確実なのは戸籍を辿っていく方法です。その人物の戸籍を辿っていくと、現在の本籍地や住所を知ることができます。まずはこの方法で連絡が取れるかどうかを試してみましょう。

それでも本人の行方が分からない場合は、家庭裁判所に対して不在者財産管理人選任の申し立てをします。不在者財産管理人とは連絡の取れない相続人に代わって財産を管理する管理人のことで、家庭裁判所の許可を得ることで遺産分割協議に入ることができます。
ただし、不在者財産管理人には遺産分割協議への参加や同意の権限はないため、不在者財産管理人に財産を処分する権限を与えたい場合は不在者財産管理人の権限外行為許可の手続きを行う必要があります。

また、7年以上生存が確認できないという場合には、失踪宣告という手続きをとることもできます。失踪宣告の申し立てが受理されると、行方の分からない相続人が法律上死亡したものと見なされることになります。