相続について最低限知っておきたいこと

相続とは死亡した人の有していた財産上の権利義務を、一定の近親者に包括的に承継させることです。財産を承継することができる人の範囲と順位ですが、配偶者は常に承継人となります。

この配偶者とは法律上の配偶者であり、内縁の配偶者は含みません。
第1順位は子またはその代襲者です。代襲者とは子の子供、つまり孫やひ孫です。

子には実子のみならず養子も含まれるので、養子は実方と養方との双方に対して承継人となることができます。子が数人いる場合にはみなが同順位になります。

次の順位は直系尊属で、親等に近い者が優先的に承継人となります。
最後の承継人が兄弟姉妹で、第1、2順位の者がいない時に限って承継人となります。

承継する割合ですが、子と配偶者が承継人であるときは子は2分の1、配偶者が2分の1となるので、子が4人いた場合は子の承継分は1人あたり8分の1になります。配偶者と直系尊属が承継人であるときは配偶者は3分の2、直系尊属は3分の1です。

配偶者と兄弟姉妹のときには、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が3分の1となります。

承継する財産にはプラスの財産だけではなく、借金といったマイナスの財産も含まれています。
借金のほうが多い場合には承継財産を放棄することが可能で、承継の開始があったことを知った時から3か月以内に裁判所に申述します。