遺言執行者とは?

遺言執行者とは、遺言者が指定し、遺言を執行する権利を持っている人のことを指します。
これは、未成年者や破産者など一定の条件以外の人が選任されます。もし遺言者が選任しなかった場合には、相続人などが裁判所に申し立てることで選任することが可能です。

この執行者の主な仕事は、受遺者や相続人に就任の旨を通知すること、相続の財産リストを作り受遺者や相続人に交付すること、受遺者に相続するかどうかを確認すること、認知があった場合は役場に届け出を提出すること、相続人の廃除が遺言にあった場合は家庭裁判所に申し立てすること、不動産などの相続登記をすること、相続する財産の管理や遺言の執行に関する行為を行なうことなどがあります。

執行者の選任が必要な理由として、利害関係などの様々なトラブルを回避することが目的だと言われています。遺言の執行には、遺産の分割など不動産、預貯金の遺贈が関わってくるために相続人同士のトラブルが発生しやすいためです。

また、複雑で専門的な知識が必要なため、出来れば弁護士や行政書士にお願いすることが望ましいとされています。相続人が執行者に選ばれることで、財産の独り占めなどの疑いを掛けられることもあるので、そういった部分にも注意しなければなりません。