遺言書で遺言執行者の指定がある場合の相続手続はどうなるのか?

遺言執行者というのは遺言者が死亡して相続が発生したときに遺言書に書かれた内容を実現させるために名義変更などのような事務手続きなどを行う人のことですが、この執行者を事前に指定するということは絶対に必要なことではなく、遺言者が遺言内容などを考慮して相続人の状況などに応じて決められるものです。

遺言執行者が指定してある場合の相続手続きは相続人は遺産の処分は勝手にすることはできないので、相続が発生した場合には出来るだけ早く遺言執行者に連絡して、相続手続きをする必要があります。

遺言執行者に指定された人は相続が始まるとすぐに執行者をするのかどうかの返事をしなければならず、断る場合には特に理由などを明記する必要はありません。
受けた場合の仕事としては、執行者に就任した旨を相続人や遺贈を受け取る人たち全員に通知して、遺産の調査をして財産目録を作成して相続人全員に対して交付します。遺言執行者として選ばれた人の主な仕事としては、不動産や預貯金などの名義変更などの手続きで、これらの手続きをする場合には平日の昼間の時間帯にしなければならないことが多く、専門的な知識が必要になる場合もあります。

遺言の執行による公平性などを考慮すると行政書士や弁護士、税理士などに依頼しておくほうが、良い場合があります。